賃貸で高速ネット!光回線かケーブルテレビか?

ケーブルテレビ回線利用可能の物件

一般的なテレビ放送は、屋根の上にアンテナを設置して受信を行います。ただし、場所によっては不安定になる場合もあります。常に安定して見られるサービスとしてケーブルテレビがあります。テレビ放送を提供するためのケーブルが自宅まで伸びていて、そこから放送が提供されます。賃貸物件の中に、ケーブルテレビ見放題、インターネットし放題の物件があるかもしれません。これは、ケーブルテレビ回線を利用してブロードバンドを実現している物件といえます。別途使用料金などを徴収されませんが、賃料に含まれているのが一般的です。そのために、これらのサービスがない物件に比べると賃料は高めです。プロバイダーなども決まっているので、引越し前のプロバイダーは使えません。

物件に光ファイバーケーブルが設置

一般的な家庭でインターネットをする場合、電話回線を使います。ADSLサービスにして、通常の電話回線よりも高速の通信を可能にします。特に工事などは必要ありません。ただし、回線速度はものすごく速いわけではありません。ブロードバンドサービスの提供がある賃貸物件では、それ以上の設備がすでに設置されています。光ファイバーケーブルが物件に設置されている場合、それを利用してインターネットが利用できます。物件にもよりますが、基本的には賃料と光回線の利用は別です。インターネットを高速で楽しみたいなら、自分で回線の契約やプロバイダの契約をします。賃料に光回線の利用料が含まれている場合には別途の契約は不要ですが、賃料が高くなります。

バスセンター前の賃貸の物件の多くは、交通上の利便性の高さから値段が張ることがありますが、良心的な不動産会社と相談をしてみましょう。