初期費用を抑えたいという人に!着目しておきたい敷金と礼金

敷金は高くても万全の備え

賃貸住宅入居の際には、敷金が必要な物件があります。これは、一か月あたりの家賃の金額に対して何ヵ月分という表示がされており、一ヶ月から二ヶ月程度というのがよく見られます。

敷金は、万が一の際に使用するために大家さんへ先に預けておくお金になります。つまり、何もないのであればその賃貸物件から出る時には返してもらえるお金なので、敷金が高いということは備えとなるので悪いことではありません。

敷金が使われるという時は、決まった家賃振込み日に入金されなかったという時に、大家さんが敷金から家賃分を取ることになります。また、退去後に室内のチェックを行って、普通に使用している以上に汚してしまったり壊してしまったものがあるという時の修理として使われます。

礼金や仲介手数料は安ければ助かる

敷金と並んで、何ヵ月分という形で表示されているのが礼金や仲介手数料です。

これらは、敷金と違って後から返金されるということはありません。つまり、安ければ助かるものです。

その物件を借りることになって、これから宜しくお願いしますという意味を込めたお礼のお金として、大家さんに支払うものが礼金となります。また、物件を紹介してもらったお礼として不動産屋に支払うのが仲介手数料になります。仲介手数料の場合には、最大でも一ヶ月分の家賃と同じ金額までというのが決まっているので、最大の一ヶ月分とされていることが大半です。礼金の場合には決められていないのですが、一ヶ月から二ヶ月程度が相場となっています。

菊水は、札幌の中心部から地下鉄で数分の好立地にあります。それに伴い、菊水の賃貸の案件も増えつつあります。