八ケ岳に別荘を持つ時の注意点やその魅力について

八ケ岳の魅力を再認識しよう

八ケ岳は日本の三大アルプスの一つとして知られている南アルプスにあります。八ヶ岳への魅力は何と言っても関東地方から近いことです。東京からでも中央自動車道を利用すれば、1時間半で到着することができる点ではないでしょうか。また自然の美しさも魅力の一つです。関東地方の中心地から2時間以内で行くことができる山々があり自然の美しい場所は、ほかにはほとんどありません。八ケ岳に別荘を持つ理由も、立地の魅力が大きいのです。

八ケ岳に別荘を持つ場合の注意点

八ケ岳に別荘を持つ場合は、どのようなことに注意をしたらよいでしょうか。まず東京に住んでいるとなかなかわかりませんが、冬の寒さについては考えなければなりません。八ヶ岳の魅力は自然の美しいことですが、これは標高が高いからという理由もあります。標高が高いということは、冬場は雪が降り氷点下になることも珍しくありません。そうすると、別荘内で湿気が高くなりカビが生えやすくなります。また、水道管が凍るなどというトラブルもあります。

土地についても気にしておこう

八ケ岳に土地を買う場合には、その土地はどのような土地なのかをよく調べておくことです。普通は、は山を切り開いてその土地に別荘を建てることが多くなりますが、造成地の場合は地面が沈み込む場合があります。最初の1年は、ほとんど沈み込みがありませんが、それ以降になると地面が沈んでくることがあります。そうすると、建物が傾く原因になるため、どれだけの地盤の固さが確保できているかをよく調べておいた方がよいでしょう。

八ヶ岳の別荘を選ぶ時は、まずは現地に足を運んで、候補をいくつか絞っておくと購入する時に困らないでしょう。