賃貸住宅の礼金敷金ゼロてあるのですか!!

礼金なしは問題ありません!!

最近よく見かける礼金なしの賃貸住宅がありますが、安いのは良いのですが何か問題があるのではと疑問に持つ方もいると思います。そもそも礼金の本来の意味は、「自分の息子の生活する部屋貸してくれてありがとうございます、よろしくお願いします」と言った意味合いが礼金です。しかし、現在は賃貸住宅が余り気味で借り手がいないより、礼金なしで借り手を早く見つけたほうが、安定的な収入が確保できるので、礼金なしの場合は素直に喜んでもかまいません。

敷金なしは問題がないのですか?

敷金はなしの場合は、礼金なしの場合と異なって最初の段階で中身を確認して置くことが大切です。敷金の性質は、例えば賃貸人が家賃を支払わなくなつた時の担保になり、そして、退去時に部屋の傷む屋汚れを補填する役割があります。この敷金がなしと言うことは、何か違う方法で徴収する定額で治める金額が、あるのかを細部に渡って確認する必要があります。後になってからこんな筈はなかったなどと言うことのないように、契約時に確認しておくことが大切になるでしょう。

礼金なし敷金なしの実際の内容は!!

通常の場合礼金2カ月敷金2カ月と多額な費用がかかります。なぜ礼金敷金がなしでいいのか、その辺のからくりがあるのではないかと契約時に色々確認をすることが重要になります。部屋を借りる立場になると敷金がなしと喜ぶかもしれませんが、実際は入居時に敷金で払ておくか退去時に実費で支払うかの違いで敷金なしの場合は、実際はあまり意味がないようです。退去時に支払う金額が多くなるだけの話しかもません。礼金なしの場合は冒頭でも書きましたが素直に喜んでも良いと思います。

札幌の賃貸マンションで大切なことは、冬の寒さ対策がしっかりなされている物件であるかということです。断熱材などがなければ、灯油やガスなどの暖房費は高くなります。