マンション経営をする場合一括借り上げは有利か?

マンション経営は管理がめんどくさい

不動産経営の中で、マンション経営をしている人は意外と多いです。マンション経営をする場合に問題になるのは、管理の面倒くささではないでしょうか。マンション全体を管理するのはかなり大変ですので、できれば人に任せてしまった方が楽にできるでしょう。そこで不動産会社の一括借り上げを利用する方法もあります。一括借り上げは、不動産会社がオーナーのマンションをすべて借り、オーナーの家賃を保証し、管理までしてくれます。

家賃保証には注意をする

家賃まで保証してくれて管理をしてくれるとなれば、オーナーとしてもかなり楽にマンション経営をすることができます。ところが、マンションの家賃を保証してくれますが、実際には2年に一度家賃の改定が行われます。家賃の改定とは、現在の物件価値に合わせて家賃を下げていくことです。建物も時間の経過とともに劣化していきますので家賃保証の額が下がるのは仕方ありませんが、2年おきに下がっていくと家賃保証している意味がなくなってしまいます。

家賃の改定は違法ではないのか

マンションの家賃保証をするという契約で一括借り上げ契約を結んだのに、実際には2年に一度家賃を減らされることは本当に家賃保証といえるのか問題になります。この点については、過去に裁判で争われることがあります。裁判の判決としては2年おきに改定を行い、家賃の保証額が下がってもそれは家賃保証といえるということで、家賃の改定を行い、保証額を減らすのは違法ではないとしています。そうだとすればオーナーとしてもどのくらい減っていくのか契約前に確認しておくことが大事です。

マンション経営において気を付けたいのが空室リスクです。空室率に常に気を配り、高い利回りを維持することが経営する上で求められます。