北斗市の暮らしは住まいの選び方で変わってきます

北斗市の北部で住まいを探した場合

北斗市は平成合併で大野町と上磯町が一緒になったためエリアが広くなりました。そのため、住まいをどの地区でするかで暮らしが大きく変わってきます。北斗市は北部が七重町に接しており、北海道の観光名所である「大沼公園」に車で20分のところとなります。また、北海道新幹線の終着駅である新函館北斗駅のエリアになります。自家用車を持つ家庭であれば、休日には森町から江差町、大沼から鹿部町と出かけることが苦になりません。

北斗市の西部端で住まいを決めた場合

北斗市の西端に住まいを構えると、隣町が木古内町となります。道南いさびり鉄道(旧江差線)が函館から津軽海峡を眺めながら通っており、終点が木古内駅となります。この駅には北海道新幹線が上陸する駅のため青森まで20分と身近になります。北海道だけでなく、青森県の津軽地区や大野港を含めた下北半島までをエリアとして出かける機会が増えてくるでしょう。更に、松前城なども1時間で出かけられるため桜見物を気軽にいくことになるでしょう。

北斗市の南部で住まいを決めた時

北斗市の南部である上磯地区に住まいを構えると函館市と接することになります。また、函館フェリーターミナルの港があるため青森が身近になります。箱館五稜郭駅に歩いて行ける距離ですから、函館のイベントや買い物にも出かけて身近に感じるでしょう。観光客の出入りも多く、国道を走る車の交通量も多い為、ビジネスで得る情報も全国区となることが予想されます。箱館の市街地に家族で出かけることが多く、話題も函館中心になるでしょう。

北斗市の賃貸とは北海道北斗市にアパートやマンションなどを借りることです。新幹線も開通しアクセスが良くなり、緑も豊で住みやすい環境です。