さいたま市の土地柄を知って新築一戸建て住宅を建てよう

さいたま市の土地柄について

埼玉県の中で、さいたま市は県庁所在地ですので人口の一番多い所になります。さいたま市の特徴といえば、東京のベッドタウンとして位置づけられているところです。さいたま市から東京都心部へ列車で行く場合は、30分程度しかかかりません。そのため東京都内では土地が高くて新築一戸建て住宅を購入できない人にとっては良い立地です。地価だけで見ても東京都23区の平均の半分程度になるからです。新築一戸建て住宅を建てるにはもってこいの場所でしょう。

さいたま市の特徴を知ろう

さいたま市の中で中心的な区といえば、浦和区や中央区、大宮区の3つです。この三つの区はいずれも京浜東北線の沿線沿いにあり、昔から栄えていたところです。この中でも大宮区は、人口の多い場所で中心となる大宮駅は埼玉で一番の利用客数を誇っています。ただ、都心部に通勤通学をする場合は浦和区のほうが15分程度短縮することができます。浦和区の特徴は、学力が高いことです。子供を良い学校に通わせたい場合は、浦和区に新築一戸建て住宅を建てた方がよいでしょう。

災害についての対策も知ろう

新築一戸建て住宅を建てる場合には、災害について細心の注意を払わなければなりません。さいたま市は海に囲まれていませんので、津波などの心配はありませんが、地震の心配はあります。東京を湾北部が震源の場合は震度6弱か6強の揺れが襲う可能性があるといわれています。そこで地盤がしっかりした場所に新築一戸建て住宅を構える必要が出てきます。浦和区や緑区、大宮区、中央区周辺は大宮台地の上にあるところが多く、非常に地盤が強いです。

さいたま市の新築一戸建てでマイホームを買えば、首都圏の便利な地域で暮らせるので立地条件を重視される方には最適です。